1. TOP
  2. 車査定おすすめでは、高額査定を査定士との会話で上手に引出す方法を紹介!

車査定おすすめでは、高額査定を査定士との会話で上手に引出す方法を紹介!

車査定関連   152 Views

目次


車査定サイトに申し込みを行い、査定日の日程調整後に車の査定となるのですが、査定士との面談時に簡単な事を少し意識して会話するだけで、高額査定を上手に引出す方法を紹介しています!

「車査定サイト」を利用して、「車の売却」値に関して、極力査定士から「買取査定額」を言ってもらうようにする。

この査定額を査定士に、言わせるにもポイントがあります。

さらに複数の「車査定サイト」「申込み」をして、査定依頼を行っても同じ事で、各査定士の方々にも「買取価格」を言ってもらうようにします。

「車査定サイト」の正しい使い方と査定士の正しい対応方法は下記を参考にして下さい。

▷▷▷「車査定おすすめ:車査定サイトの正しい使い方」◁◁◁

査定当日は、査定士から必ずと言ってよい程、依頼者へ先に「売却の希望額」の伺いを立ててきます。

この「売却希望価格」答えない方が賢明で、答えるとしても「買取相場価格」より「高値を提示する」ようにして下さい。

多くの方が元々「買取相場価格」が分からないと言われますので、「買取相場価格」の参考に、よく利用される方法は、売却予定車をインターネットの中古車情報で、売却予定車と合致する車両を探します。

その価格を参考価格として利用している方が多くおりますので、是非参考にして下さい。

「★ポイントです。」

中古車情報の販売値そのまま伝えていただいて構いません、それはどうしてかを説明します。

多くの中古車は元非常に安く仕入れていたり、売却予定車と中古車情報で調べた車を実際に「比較」した場合に、売却予定車の方が遥かに程度が良い事が多いからです。

中古車情報の相場は仕入れた時の車両情報が記載されていませんので、当然不明確ですし、傷みの酷い車でもぱっと見綺麗にはできますので、悩まず調べた価格そのまま情報として使って下さい。

★注意点です。」

中古車情報で「参考価格」になる「相場価格」を調べますが、その価格を貫き通すのも考え物と理解して下さい。

それは、同じ車であっても個々の「評価」が異なるからです。

しかし、上記でも記載していますが、多いにして起こり得る事として、中古車情報で調べた車より売却予定車の方が高評価だという事も忘れないで下さい。

注意点と入り混じり、判断が難しく感じたかも知れませんが、読み進めていただけると理解できます。

「車一括査定サイト」、査定士との商談当日のコツ!

「車査定」当日、査定士の対応について!

査定士は当然に査定のプロですし、「車査定査サイト」は営利企業です。

当然のように、他社よりも「高く買い取ります」と強調していることでしょう。

しかし、査定士の脳裏によぎるのは、可能な限り安価で買い取るです。

査定のプロである、査定士に真向勝負のガチンコ勝負を挑んでも絶対に勝てません、私達は売却予定車その一台で勝負しますが、毎日何十台と処理しているプロからすれば情報量で、そもそも負けています。

査定士と難しい駆け引きは、一切しないまま「簡単」「高価買取高額査定」を引き出す方法と手法があります。

詳しくはこちらを参考にして下さい。

▷▷▷「車査定おすすめ:高額査定の引き出し方」◁◁◁

「高額査定」の引き出し方について、こちらにも簡単ですが、記載します。

詳しく知りたい場合は、上記の「車査定おすすめ:高額査定の引き出し方」の記事を読んで下さい。

「車査定サイト」で申し込んだ全ての買取店に集まってもらい、その場で「セリ合い」させる事です。

「車買取店」が集まるのですから、商売敵ばかりの集結です。

当然購入希望者の査定士の中には、既にお客さんを持っている事もあり、そうなれば一番の高値を提示してくることでしょう。

粘り過ぎず、妥協できる範囲内で売却するのも良いと思います。

数多い査定士の目前に車がありますので、「トラブルも未然に防止できます」し、「車査定」ではおすすめの方法でもあります。

また、一通りの査定が終了しましたら、とりあえずその場での契約はしないようにして見積書だけもらうようにして下さい。

家族と相談します等の文句で、その日を終えます。

見積書や契約書の注意点を記事にしていますので、参考にして下さい。

▷▷▷「車査定おすすめ:契約書の注意点」◁◁◁

翌日にでも「一番高い高価買取高額査定」を提示した査定士から順番に電話して、「買取金額」は査定当日に伺っておりますが、と言い再度「買取金額」を伺います。

今ならいくらで買い取ってもらえますかと、伺って下さい。

これだけで数万円は上がる要素を秘めております。

口で言うのは容易ではありますし、この電話に自信が持てない方は、「車査定当時」「相場価格」がよく分かりませんし、「一番高価買取高額査定」を提示した方に売却しますと言えば自然と「セリ合い」が始まり「高値で売却」できると思います。

少しイヤらしい方法に思えますが、そう思った方はまだまだ素人だと自覚して下さい。

他の方々はこれが普通だと思っておりますし、そもそも依頼者が売却に慣れている事自体が有り得ない事なので、イヤらしいと思う方が違和感を査定士に与えます。

依頼者が思っている以上に、査定士は「価格交渉」で粘ってきます。

もちろん、それは自然な流れですし、粘ってくれなければ「セリで値上がり」が起きません。

問題になるのが「上手な粘り方で、ポイントとなる手法コツがあります。

下記の「車査定おすすめのまとめ」を参考にして下さい。

査定士が持っている自己裁量権の値幅は超えて行かなければ、「高価買取高額査定」につながりません。

中々査定士が粘り強い状況が続くと時間のロスが大きくなります。

依頼者から査定士へ上席にもダメ元で聞いてもらえませんかと・・・この一言があるのと無いのでは全く違います。

闇雲にお願いしますの一点張りではダメですの堂々巡りとなるだけです。

査定士も依頼者の目の前で上席に電話できるのは逆に査定士にとっても非常に都合が良く、電話しやすいのです。

高く購入した等の文句が社内で出にくいので、直ぐに上席に電話しようとします。

電話すると必ず10分程度待たされ、5万円アップしましたと言ってきます。

※車種により増幅は異なります。

はっきり言いますが、この待たされる時間は、査定士の演技です。

価格交渉時に5万円程度の増加は普通だからです。

もし、この増加分の5万円で納得できるなら売却されるのも良いかと思います。

イヤ、もう少し値幅はあるはずだと思っている凄腕様は、さらに読み進めて下さい。

一度聞いた増加幅が切りの良い数字なら、こちらから切りの良い数字ですね、もっと千円単位で刻んでももらっても良いですし、そもそももう少し高くなりませんか、この一言で査定士側も本気になりやっと土俵に上がってきたかと感じてくれるでしょう。

要するに、このようなやり取りを車査定サイト側は楽しんでおりますので、依頼者側は先方の楽しみに振り回されてしまえば安く売却する事になります。

このような事に時間を費やしても大きな意味を持ちません。

こちらを読んで下されば一気に解決します。

▷▷▷「車査定おすすめ:車査定サイトの正しい使い方」◁◁◁

査定士が持っている自己裁量権の値幅と上記で記載していますが、ここはもう少し詳しく説明しなければなりません。

元々査定士が準備している「買取価格」マイナスからスタートしていると絶対に理解しなければなりませんし、安く買いたいので当然です。

だからこそ、上席への電話を促すのであって、一回目のお伺いではまだマイナスの範囲内、すなわち「買取相場」より低いでしょう。

二回目のお伺いで若干の上乗せ程度です。

土俵には上りましたが、まだまだ普通の「買取相場」の範囲内。

三回目のお伺いでやっと真の値段が見えてきます。

少なくとも「車査定」時の「価格交渉」等は上席のお伺いを2回以上しなければ土俵に登らないと理解して下さい。

査定士の裁量権は元々あまり無いものと考えて正解です。

よく、査定士は今なら数万円上げる事ができます、このような事を、すぐに口に出しますが気にしないで下さい。

「買取価格」の最終決定権は上席の中でも責任の取れる者です。

何度も上席と記載しました理由は、一つの店舗に査定士が複数いて責任者が一人の構図が多いからです。

正確に表現するなら経営者もしくは、店長になるでしょう。

このようなやり取りを複数の「査定サイト」と行い、「高価買取高額査定」を提示した業者を絞り込んでいきます。

ここでフルイにかけて本当に売却をしても良い業者が見付かれば、そのまま商談を進めてもらっても構いませんし、二番目の「高額査定」を提示した店舗にも、参考に一番の価格をお知らせして、さらに「セリ合い」を続けても良いと思います。

メーカーやディーラーの「査定が高値」だと言う大嘘について!

ここは多くの方の大きな誤解です。

時よりメーカーやディーラーの方が高額で買い取っていただけたと言う方がいますが、それはこのような場合に起きる一種の現象のようなものです。

言われる方の多くは、「車一括査定サイト」等利用されていない方や「車査定」を一社や二社に依頼してみて、その「比較」だけで言っている方が非常に多く、一社や二社の価格で判断していると共通して言える事です。

そもそもメーカーやディーラーの「買取価格」は一律で規定されており、一定額以上には決して上がりません。

他社で査定してもらって伺った金額は、何の裁量も持ち合わせていない査定士の価格帯を参考にしている為、メーカーやディーラーの底値を伺って、若干得したように見えるからです。

必ずメーカーやディーラーで査定に出す時にこのように聞かれます。

他に査定は利用されましたか?

利用していてもしていないと答える方も多くいますが、現実は車の記録から直ぐに分かります。

メーカーやディーラーの営業マンは、この時に初めて、横流しが脳裏を過ります、それは、このお客さんは2社にしか査定調査に行っていないから、この2社以上の価格なら「買取」でき、買い取った「車を一括査定で高く売る。」

現実に起きる事ですし、多いにしてあり得る事です。

営業マンには仲の良い査定屋も多く居て当然ですし、全国に陸送するのも破格でできます。

安く売却していては、せっかく「高く売ろう」調べてこのサイトに辿り着かれた意味が無くなります。」

無くなる前にこちらを読んで下さい。

黙っていても高価買取高額査定できる方法はこちら(〇〇〇)

 

 

車査定で査定士が提示してくる買取価格は、交渉によってどれだけ変わるのか。

 

今まで大切に乗ってきた車なので、売る時は少しでも高く売りたいのは当然です。

だからこそ、少しでも高く買取してくれる業者を見付け出す行動は極々自然な事であり、当然の方法です。

 

他方で買取業者は、営利企業なので少しでも安く仕入れて販売しなければ大きな利益にならないと必死です。

このような車買取のプロ集団に対抗するには、複数の車査定サイトに一度に申し込みを行い対抗させなければなりません。

個人でプロ集団挑んでも結果は見えておりますので、ここは無難は方法を採用するにこした事はないです。

こちらでも詳しく説明しています。

(〇〇〇)

 

車査定を同時に申し込み事で、申し込まれた業者の中で購入希望業者は、希望を出した業者同士で駆け引きを行い、互いにセリ合いをします。

その中には既にお客さんを持っている業者も当然紛れていますので、そのような業者が紛れた場合は本当に高価買取高額査定につながります。

だからこそ、多くの車査定サイトへ申込む必要性が生まれ、多く申し込めば申し込んだ分お得になりますので、オススメです。

 

 

大阪市:男性44歳:車査定サイトの体験談

車査定サイトに申し込んで、その後の買取価格の交渉は優し過ぎや厳し過ぎでもダメです。

この表現はザックリしており、正しく書き直すのであれば、「価格交渉は駆け引きに対する優しさと厳しさで挑むべきです。」

 

流れを見てみましょう。

乗られている車を買い替える為に車査定サイトを利用して依頼する事にしました。

複数の査定サイトに申し込みをしたので、多数の査定士から連絡があり、段々と感じ取れる事から見えてくる事がありました。

下手に出たら足元をすくわれる、相手は極力安価で仕入れようとして、かなりしたたかである事。

素人の自分でも感覚的に分かりますので、あまりにも安いと思ったので断った所もあります。

 

最初は廃車だと言われて半ば諦めかけたので、勉強するつもりの一括査定サイトの利用でしたからそこまで力が入っていなかったのは、こちらの反省点です。

 

でも、査定サイトも多く申し込んだので、助かったと思います、それは一回目の査定で出された買取価格で一番低い値段と一番高い値段の差は25万円でした。

二番と三番は同額の235,000円の提示でしたので、この3社を上手に活用できないかを考えました。

 

廃車だと言われた車も中古車情報誌では51万円前後で売られていますので、正直なところは235,000円でも嬉しかったです。

しかし、欲深いもので高く売れたら、次に購入予定の車に最初からホイールとタイヤが買えるくらいじゃないかと気が付いたんです。

 

もうこうなったらやれるだけ頑張ろうと思いました。

 

何をどうしたら価格競争してくれるのか分からなかったので、再度集まる事は無理ですかと電話しましたら、1社はこれ以上は無理なので、235,000円で売却する気になれば連絡下さいと言われて、こちらが断られました。

2社は再度日程調整して、最初に査定してもらった駐車場で2回目の面談をして、その場でもう少しなんとかなりませんかと言いました。

話しは早かったです。

来られた査定士の二人は、携帯電話で確認をとり、それぞれ2万円上げますとの事です。

 

250,000円+20,000円=270,000円

235,000円+20,000円=255,000円

 

ホイールとタイヤには少し足りませんが、悩みました。

わざわざ来て下さり、金額も上げてくれたのに返事ができない自分に苛立ちが隠せませんでした。

すると255,000円の提示した査定士さんが、もう少し考えて連絡下さいと言い、帰られました。

その後すぐにもう一人の査定士も帰られました。

怒らしたのだと思い、反省しましたよ!

これではホイールとタイヤどころの話では無くなるからです。

しばらく、反省していると255,000円を提示した査定士さんから携帯電話に連絡があり、戻って責任者と話ししてところ、実は既に売ろうとしている車に、お客さんが付いているんだと打ち明けられ、295,000円で納得してもらえないかと言うのです。

すぐによろしくお願いしますと言いました。

 

2日後に査定士の方が必要書類を持参され、記入する時の世間話しをしており、私に車を売るのは初めてかと言うのです。

私はネットで査定の方法や手法からオススメポイント等の情報を事前に得ていたと言いましたが、プロ顔負けだと言って下さり、最後に一つ教えて下さいました。

それは、今このタイミング「記名押印する時」でもう一回だけ、数千円でも上がらないかと聞くべきだと教えてくれたのです。

私は、そんな事言って大丈夫ですかと勿論言いましたが、査定士さんも脱帽だと言い儲けにならないからちょっとヤケクソだななんて言って下さいました。

なんだかんだで5,000円+して下さり、ちょうど昼になり査定士さんと駐車場の隣の回転ずしに行き、おごらさせていただきました。

この場ではどこの査定サイトか言い難いですが、選んだ組合せはAEです。

鋭い方はどちらか分かると思います。

大変参考になりましたので、メールしました。

(〇〇〇)


\ SNSでシェアしよう! /

車査定は申込む地域で買取相場が大きく異なります。高額査定や高価買取査定のおすすめ方法を紹介。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

車査定は申込む地域で買取相場が大きく異なります。高額査定や高価買取査定のおすすめ方法を紹介。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!