1. TOP
  2. 【最新版】車査定サイトを厳選した、おすすめサイトのランキング特集!

【最新版】車査定サイトを厳選した、おすすめサイトのランキング特集!

目次


当サイトの紹介:実話に基づく話しです。(画像あり:画像①参照)

同時期に同じ車二台を新車で購入して、売却の時にこのように理解していれば高額査定が得られたと分かった実話を紹介します。

私自身あまり付き合いの薄い方の親戚筋からの依頼で、親族間で同じ車(トヨタヴォクシー)を二台購入する事になりました。

一緒に購入した方とは子供の歳が一緒なので、頻繁に会います。
一緒に山や川によく遊びに行きました。

そうしている内に購入した車も数年経過していて、そろそろ買い替えようかとなった訳です。

二台を同時期に車査定に出したらどうなるのだろうね・・・査定額が気になるよねと最初は冗談で色々な話しをしました。

いざ売却を決意した時に、ネット検索で表示された車査定サイトのオススメ等も沢山拝見しました。

しかし実際の売却価格は
「私は高額査定でした、もう一台の方は普通?低額と言い難いですが・・・」
と、はっきりと分かれました。

本当に仲良くして頂いている方なので、言い難かったですが、金額の差は27万円です。

何が理由でこのような差が出たのか、よく顔を合わせる義兄とも一緒に考えながら悩みました。

本当にネットで様々な車査定サイトを閲覧して、準備は万全だったのですが・・・一方は高額査定一方は低額査定

私達は本当にビックリもしましたね。

27万円は大きいお金ですし、私と義兄はネットの情報に疑問を持ち出しました。

車査定サイトに記載している事は、何を根拠に記載しているのかを知る必要があったからです。

私達なりに「一定のルールと条件」を拾い集めて、これなら車査定で悩まれる方々の役に立ち「高額査定も夢ではない」と判明した事だけを、記載していきます。

兄の海外移住で両親も兄と一緒に住む事になり、両親が持っていた乗用車と軽四と軽トラ、兄が乗っていた車も「一定のルールと条件」で売却しました。

結果、ヴォクシーの売却で色々と勉強なった事が役に立ち予想以上の金額で売却でき、そのお金で私達(私・嫁・子供)で、兄の住むオーストラリア:アデレードに遊びに行けましたので、大変満足しています。

前置きが長くなりすみません、細かな身内の話しは割愛します。

※メーカー下取りやディーラー下取りは、査定の話しをするだけ時間の無駄になるとと言及できますので、当サイトでもメーカーやディーラーは無いものとしています。

※当サイトの目的は、車をどのようにすれば高値で高額査定が得られるのかを解説するサイトです。メーカーやディーラーで売りたいのでしたら、当サイトに用事は無いと思います。

案内人の紹介:車の達人


査定の案内人、名前を車の達人と言います。

本日は、貴重なお時間を頂きますが、少しでも高額にできて、お車を高値で売却できるようにアドバイスしていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

インターネットの普及により検索された結果、当サイトへお越しになられた方々の多くが、車の査定や車の買取等に少なからず不安を持たれており、車査定に関しての利用が初めてであったり、車査定を使用する上で知識不足だったりの方がお越しになられたのだと思います。

ネットやスマホで「車査定」と検索すれば非常に多くの査定サイトが検索に表示されます。

初めて車査定売却を検討されている方々へ分かり易く表示されているのか?また、正しい情報を初心者の方にも分かり易くお伝えしているのか?疑問点も多く見受けられました。

何より不思議だったのが、「日本全国から依頼があるはずの車査定」ですが、なぜか車査定サイトでは簡単に説明されている事があります。

地方の田舎暮らしの方から、都心部でもギリギリ車が必要な範囲の方まで、様々な状況が考えられます。

しかし、車査定サイトや車一括査定のサイトの公式ホームページを、閲覧しても細かな記述がないまま、買取査定を進めようとしている査定サイトがございます。

これは査定サイトの特性上、仕方のないことかも知れませんが、当サイトでは初めて方でも分かり易く記述する事を意識していますので、車査定の知識が全く無くても読み易く記述しています。

また、メリットとデメリットも読み易く記述していますので、安心して読み進めていただければ、きっと不安も解消されて売却が目的であれば「車の高価買取査定や、車買取査定で高額売却が可能ではないでしょうか?」実現していると思います。

車一括査定を利用する理由は、下記の内のどれかに該当すると思いますので、このページでは目次別に説明していきます。

各目次で文字通り読み取れるものについては記述を最小限にしています。

(文章中の大切な箇所には「※注意」と記述しています)

※一点だけ注意捨ててよいお金は存在しませんので、たかが車の査定と簡単に考えず、少しでも高く売る為の努力は怠らないで下さい。

 

車の査定は、申込む地域で買取価格や査定価格は変わりますか?

当然変わります。

倍以上の価格差が発生する事もあります。

車査定サイトを利用される方の多くが誤解されている事ですが、車査定サイトは申込む地域で査定買取額に大きな差が生じますし、車査定に申込めば必ず売れると言うものではないと言う事を意識しなければなりません。

この画像を見て下さい。

この画像は実際に、私と義兄が車の売却に使用した査定サイトですが、右と左の違い店舗数です。

左の申込み画像は、埼玉県在住の私で最寄りの買取店が9件もありました。

右の申込み画面は、山梨県在住の義兄で、こちらは5件しか無かったのです。

要するに、一社にだけ査定依頼をすると購入希望店側で本来発生する、価格競争が行われないという事になります。

「目次:車査定とは、どのような仕組み?」で詳しく記載しています。

この登録店の事を購入希望店といい、購入希望店が多ければ多い程・・・購入希望店同士の価格競争が始まります。

この数字が少ないと・・・価格競争が発生しないという事が起きます。

実際に、私は9件あるのに対して義兄は5件であれば、価格競争も極々少数で競り合うだけですので、高額査定は期待しにくくなります。

 

車の売却でオススメのサイトがあれば教えて下さい。

実際のサイトを使い説明します。
「後程、おすすめ早見表が登場しますので、画像に慣れるところから始めます」

AはGoo買取のサービスです。


携帯電話(スマホ)で閲覧した場合は、この画面が最初の画面です。
(閲覧環境により多少変わる場合もあります)

画面からも読み取れるように「下取りVS買取専門店」いかにも価格競争感が出ております。

※注意して下さい。

下取りとはメーカーやディーラーの事を言っておりますので、販売店同士の価格競争を促すには、他サービスに申込むしかございません。

※注意:メーカーやディーラーの査定は期待できませんので、説明を省略しています)

価格算出システムが独自オークションなので、最寄り店舗が近くにあれば高価買取査定が期待できます。

私は複数(ABCDEFGHの全て)申し込みましたが、結果的にGoo買取サービスで売却しています。

BはUcarPACのサービスです。

携帯電話(スマホ)で閲覧した画面は、この画面が最初の画面です。
(閲覧環境により多少変わる場合もあります)

画面からも読み取れるように「買取価格がグングン上がるこちらも価格競争感が出ております。

価格算出システムが独自オークションなので、最寄り店舗が近くにあれば高価買取査定が期待できます。

私が申し込んだ一つです。

Cはカーセンサーのサービスです。


携帯電話(スマホ)で閲覧した画面は、この画面が最初の画面です。
(閲覧環境により多少変わる場合もあります)

画面からは何も読み取れませんが「老舗感が強いです」。

仕事が忙しい時期に重なった事もあり、兄の乗用車はメールのみの希望を出して、カーセンサーで売却しました。

Dは楽天オートのサービスです。


携帯電話(スマホ)で閲覧した画面は、この画面が最初の画面です。
(閲覧環境により多少変わる場合もあります)

画面からも読み取れるように「査定額を比較して、最高金額で売却できる」当然こちらにも価格競争感です。

※注意:この画像に入っている買取店を注意して見て下さい。

※注意:重複現象です。

最寄り店舗が近くにあれば期待できます。

重複現象ですが、嫁が楽天ユーザーだったので、楽天ポイント狙いで軽四(母の車)は楽天オートに売却しました。

Eはユーポスのサービスです。


携帯電話(スマホ)で閲覧した画面は、この画面が最初の画面です。
(閲覧環境により多少変わる場合もあります)

画面からは可愛いネコが愛らしい事くらいしか分かりませんが「近畿圏内の友人達はユーポスを絶賛しています」お住まいが近畿圏内であれば、必ず候補に入れて比較するべきです。

最寄り店舗が近くにあれば期待が大いにできます。

Fはスバット車買取のサービスです。

携帯電話(スマホ)で閲覧した画面は、この画面が最初の画面です。
(閲覧環境により多少変わる場合もあります)

依頼画面を開くと「現金10万円キャンペーンが当たる」期間中で「現金10万円のキャンペーン狙い」で軽トラは、ズバット車買取比較で売却しました。

10万円getはできませんでした。

(いつも色々なサービスを展開していますので、内容だけでも見る事をオススメします)

※:キャンペーンを開催できる所を考えれば、買取に実績があり、その現れだと感じました。

※:こればかりは流石!老舗!と言わざるを得ません。

最寄り店舗が近くにあれば期待できます。

次車を売る時は、ズバット車買取のキャンペーン狙いで売ると決めています。

Gはかんたん車査定ガイドのサービスです。


携帯電話(スマホ)で閲覧した画面は、この画面が最初の画面です。
(閲覧環境により多少変わる場合もあります)

JADRI会員である事は、既に記載しておりますが、外せない査定業者です。

Hは一括査定.comのサービスです。


携帯電話(スマホ)で閲覧した画面は、この画面が最初の画面です。
(閲覧環境により多少変わる場合もあります)

JADRI会員である事は、既に記載しておりますが、こちらも当然に外せない査定業者です。

 

車の査定で高額査定となり、高値で買取は本当にあり得るのですか?

あり得ます。

今から、その理由を記載します。

※注意「ここをしっかりと読み進めて頂ければと思います。」

一般的に、多くの車査定サイトは登録加盟店が多いから競争心理が働き、その結果「高価買取査定が実現する」「高価買取査定となる」記載しています。

しかし私と義兄の場合は、上記の「画像①」の店舗数でした。

これは多いですか?

後に判明しましたが、5件~9件は本当なら驚くくらい少ない数字ですよ!

※注意:重複現象

何より※注意していただかなければならないのは、この重複現象です。

いくら加盟店の数が多いと記載があっても、結論は申込む場所(依頼者の居所)で査定依頼ができる店舗数が異なり、少ない店舗数では価格競争なんて期待はできません!

だからこそ、申し込み数の平均でも記載していますが2社から3社を利活用される方が多いのです。

そこで私は義兄の協力の元、実際に利活用した手法がこの表1の「おすすめ組合せ」です。

このように多角的な手法で、模索しながら高く売る事を考えて交渉していましたら、もう一点気が付いた事がありました。

どうしてこの「おすすめ組合せ」オススメしている理由は中古車販売店がAにもBにもCにもDにも・・・登録している事が分かったからです。

そうです、これが重複現象なのです。

この「重複登録では絶対に競争心理は生まれません!」

そこで私は、再度初心に戻り、もう一度目的を考え直しました。

私の目的は、残された4台を高く売る方法を考えていたのだと・・・直ぐに2社や3社(それ以上)の数で勝負して、業者に勝手に競争してもらうしか無いと判断しました。

結果的にそれが功を奏して、「車査定サイトで車を高く売る方法として正しい手法となった」訳です。

※注意:重複していない場合もございますので、重複していなければ純粋に競争してきますのでラッキーと考えるべきです)

※注意重複しているか、していないか申込む地域で大きく異なりますので、探してみるのも良いのではないでしょうか)

実家に残された「乗用車と軽四と軽トラ、兄の車」の合計4台を、車査定サイトを利用して売却しましたが、申し込みを多くした為、確かに電話が多くありました。

当然です。

自分で申し込んだ訳ですし、少しでも高額で売却する事が目的だったからです。

現在価格競争中ですと言いましたら連絡が無くなった所もありますし、参考に希望販売価格を教えて下さいと伺ってきた所もございます。

様々な車査定サイトでビックリする程電話が鳴り、困ったとコメントをみましたが現実は、企業のモラルもあり失礼な対応をした企業は1社も無かったですし、不満に感じることも無かったです。

逆に満足できる金額で売却ができた事が、嬉しかったくらいです。

どこのサービスに申込んでも価格決定システムが似たり寄ったりなので、金額が大きく変動したりする可能性が、少ない事も理解できましたので、残された道は「使い易いサービスを複合的に使う」事です。

※注意:車査定で高額になる「要素」は、「最寄りの店舗数が多い事」「居所に一番近い加盟店舗が高価買取査定が出やすい事」

考えれば当然の事ですが、どうしてもココを見落としがちです。

買い取る側も営利企業、人件費が発生しています。

近ければ近いだけ、有利になるのは当然と言えます。

※注意:よって、重複登録を避ける為にも「数社に、査定依頼している」方が多いのです。)
ヴォクシーの売却後に、私は実家に残された「乗用車と軽四と軽トラ、兄が乗っていた車」も車査定サイトを利用して売却しています。

既に「一定のルールと条件」が存在している事は理解していただけたと思います。

ここからは表を活用して説明に入ります。

車査定おすすめ早見表(お勧めはマーク)表1

車査定おすすめ早見表(お勧めはマーク)表1
近畿圏内の方はに注目!
メールのみの希望者はCに注目!

サービスの名称 価格算出システム 加盟店数
A:Goo買取 独自オークション 326社の中から簡単に最寄りの加盟店を選択
B:UcarPAC 2049社の中から簡単に最寄りの加盟店を選択
C:カーセンサー 一括査定 1000社以上から簡単に最寄りの加盟店が表示
D:楽天オート 100社以上から簡単に最寄りの加盟店を選択
E:ユーポス 買取査定 近畿2府4県の知名度は抜群に強い(表2参照)
F:ズバット車買取 211社以上の中から簡単に最寄りの加盟店が表示
G:かんたん車査定ガイド 一括査定 信頼のJADRI会員の中から簡単に最寄りの加盟店を選択
H:一括査定.com 信頼のJADRI会員の中から簡単に最寄りの加盟店を選択
対象地域
(Eは近畿圏内がメイン)
ABCDFGH:全国
(Eは近畿圏内がメイン)近畿2府4県(京都・大阪・兵庫・滋賀・奈良・和歌山のみ)

表1の加盟店数を見て下さい。

1000や2000の数字をよく考えてみれば、日本全国のあちこちに車は走っており、地方に行けばコンビニエンスストアより自動車修理工場の方が多い場合もあります。

そんな中、1000や2000の数字が大きいとは決して言えません。

だからこそ、この数字が大きいから「UcarPAC」や「カーセンサー」の加盟店が居所近くに有るとは、限りません。

要するに、申し込みをしなければ車査定で最高値や最高価格を知る術が無いのが現実です。

車査定おすすめ早見表(お勧めはマーク)表2

車査定おすすめ早見表(お勧めはマーク)表2
付加サービスの特徴
A:Goo買取 連絡はGoo買取一社のみ、登録業者数は現在急増
B:UcarPAC 連絡はUcarPAC一社のみ★日本初!査定場所は提携ガソリンスタンド
C:カーセンサー 通常電話対応が多い中、★連絡方法をメールのみ指定可能
D:楽天オート 楽天ポイント、一括査定申込み時に5ポイント付与、★申込後、売却の成立で1500ポイント付与
E:ユーポス ★近畿圏内では抜群の知名度知名度が強いとは高額買取の期待大! エアロパーツやアルミホイール、マフラーなどもプラス査定のポイントとしているところが高評価!
F:ズバット車買取 一括査定の歴史で一番古い企業
G:かんたん車査定ガイド JADRI会員、一般社団法人:日本自動車流通研究所の厳しい審査に合格した企業のみが登録
H:一括査定.com JADRI会員、一般社団法人:日本自動車流通研究所の厳しい審査に合格した企業のみが登録

車査定を利活用するメリットとデメリットは?

車査定おすすめ早見表(お勧めはマーク)表3

A~Hの中で、「条件が自分に合いそうなものを複数選択」して、「下記の表4で高値向きか等を調べると良いと思います。」

項目中の「あなたはどのタイプ?」を見ていただければ直ぐに、どこのサービスに申し込むべきか判断できると思いますので、表4から査定サイトへ、お進み下さい。「上記各査定サイトの画像下(▷▷▷安心・無料・簡単◁◁◁このサービスの依頼はこちら。)からでも申し込めます。

車査定おすすめ早見表(お勧めはマーク)表3
平均 2社 3社 へ申込むのが一般的と言われています。
タイプ別診断・あなたはどのタイプ?
A:Goo買取 業者からの電話は一社が希望A
B:UcarPAC 業者からの電話は一社が希望、担当者とのやり取りは顔見知りのガソリンスタンドが安心B
C:カーセンサー 業者と電話する時間が無い、用件は★メールのみで済ませる(下記画像②参照)=C
D:楽天オート 楽天1500ポイントで買い物したい方=D
E:ユーポス 期待大の近畿圏内在住E
F:ズバット車買取 老舗の安心感=F
G:かんたん車査定ガイド 無難のJADRI会員=G
H:一括査定.com 無難のJADRI会員=H

車査定で高額売却に失敗しない方法と、どの一括査定サイトを選ぶのが望ましいですか?

車査定おすすめ早見表(お勧めはマーク)表4(一番重要な表です)

車査定おすすめ早見表(お勧めはマーク)表4
平均 2社 3社 へ申込むのが一般的と言われています。「下記:おすすめ組合せ例」
業者の電話を<二社に限定する>なら=AB(普通値向き)
業者の電話は<一社とメールのみに限定する>なら=AC高値向き)
業者の電話は<一社と普通対応でポイント狙い>なら=AD高値向き)
業者の電話は<普通対応で近畿圏内>なら=AE高値向き)
業者の電話は<普通対応で安心感重視>なら=FCorH(無難重視向き)
おすすめ組合せ例を参考に 2社 3社 を活用して下記からお進み下さい。
サービスの申込み先一覧
A:ここをクリック
≪Goo買取≫
B:ここをクリック
≪UcarPAC≫
C:ここをクリック
≪カーセンサー≫
D:ここをクリック
≪楽天オート≫
E:ここをクリック
≪ユーポス≫
F:ここをクリック
≪ズバット車買取≫
G:ここをクリック
≪かんたん車査定ガイド≫
H:ここをクリック
≪一括査定.com≫
通常2社から3社が一般的ですが、電話対応に追われる事もあろうかと思いますし、何社に申込むべきかなどは、あくまでも自己責任でお願いします。
また、車査定等の売却行為は短期勝負と考えて、一気に乗り切るおすすめします

表4は、上記で選択した組合せですぐに申し込めるよう並べています。
また、一目でおすすめが把握できるようにまとまっていますので、自分の好みで使い分けて下さい。

私のオススメは、Aが主でもう一社は、付加サービスで決めます。

 

車査定とは、どのような仕組み?

車の査定とは、車の査定サイトへ申込む事から始まり、申し込んだ査定サイトに自動車販売店が複数登録されています。

その登録数の数が多ければ多い程、購入を希望する自動車販売店が多くなり、販売店同士の価格競争が始まります。

これらから当然に、購入希望店が多ければ多い程「高額傾向となります」が、我先にと電話がかかってきます。

査定サイトの特性上、仕方のないことです。

この購入希望店からの多数の電話が大変だなと思う方。

購入希望店とのやり取りはメールのみにしたい方。

上記二点を希望されるのであれば、車査定は一件しか該当しませんがオススメの一件です。

上記:表3表4に記載下記:画像②に方法を記載

 

車査定業者からの連絡をメールのみにする方法

先ずは、下記表を見て下い。

私が車を売却した車査定サイトです。


赤囲みの箇所「任意項目:売却希望時期などを入力」ここをクリックして使います。

任意項目ですので、入力するコメントも当然自由です。

(※他サイトも調べてみましたが、カーセンサーのみでした)

次に、下記画像③の画面が表示されます。

この任意の連絡希望時間帯欄に、「連絡方法は、メールのみを希望します。」入力して下さい。

 

これで、連絡はメールのみになります。

 

車査定では「車買取査定及び車一括査定」、単語の違いと意味は?

多くの方が迷われ、悩む単語ですが当然に差があります。

高額査定になる順番を記述します。

メーカー下取り(安値)買取専門店(高値「地域で差あり」車査定業者(高値「地域で差あり」の順になります。

手っ取り早く閲覧できる車査定サイトのまとめも作成してあります。

 

車査定を使用し、利用するのは初めてだけど、トラブルは報告されているの?

※注意:特別トラブルは無いと考えていただいて大丈夫ですが、滅多に居られませんが車査定を申込む時に、虚偽記載(嘘を入力)を行い、それが元でいざ本番の査定をしてもらえないや虚偽記載のつもりで記載した番号がどなたかにつながった場合です。

(車一括査定サイトに申込みしていないのに電話がある・・・Yahoo!知恵袋に投稿されています)

これは一歩間違えると、企業に対する営業妨害となりますし、記載された番号の持ち主から迷惑を被った等で通報されます。

このような事が発生しないようくれぐれも注意していただき、記入は適切に行って下さい。

尚、車査定サイトの利用規約に自分自身の個人情報以外は、入力が禁止されていますので注意して下さい。

また、なぜこのような問題が発生するのかと言えば、今は売却する意思が無い(売る気が無い)けれども、どの位の金額で売れるのか事前に調べる時に、このようなトラブルが発生しています。

 

車一括査定に本当に申し込むべきですか?

絶対に申込むべきです。

車にはその車の特性上高額で取引されている車種が多くあります、本当に驚いた実例を記載します。

トヨタ・ハイラックスサーフであれば、とんでもない高額査定となり数百万円もの値が付いた事もあります。

(トヨタのメーカーに下取りに出していた場合は即廃車となり、逆に費用を請求される可能性すらあります)

超高額査定のような現象は、日本国内のメーカー査定では最安値となっても海外で爆発的に人気がある場合があり、驚くような超高額査定が時よりあります。

ホンダ車でも古いシビック等はアメリカ西海岸で絶大な人気があります。

トヨタの古いマークⅡ(81モデル)でも驚くような超高額査定があり得ます。

日本車は新しい車は輸出できませんが、初年度登録(一番最初にナンバープレートが付いた日)から10年が経過すれば輸出抹消(国外に発送する為の抹消)が行えるようになります。

日本車は世界中から愛されており、近年では欧州のタクシーが全て日本車になろうとしていますし、求めているユーザーが非常に多いので、ほぼどんな車でも値は付きます。

メーカー下取り査定が0円と言われた車が、車査定では45万円の値が付いたような話しは珍しくないですし、特にアジア圏内では、日本の中古車で日本国内のナビ付がとんでもない人気があります。

現地の通貨を日本円に換算しても30万円以上の差が発生していた車を見かけた事があります。(当然ナビは無茶苦茶な動きをしますが、現地の方のステータスです)

記載し出すと本当に切りがございませんので、割愛しますが追ってページを設けて記述します。

上述しましたように、ほとんどの車に値が付きますので諦める事無く、車査定の最高額と高価買取を実現させましょう。

 

車査定を利活用するメリットとデメリットのまとめ

メリット:①登録自動車販売店が多くなれば多いほど価格競争が大きくなり、最高額を競い合い高価買取が実現します。

メリット:②メーカー下取り0円と言われた車でも、ほとんどの車に値が付きますし、少々傷んでいても普通の車であれば値は十分に付きます。

デメリット:メリットの①で記述しました事の反対と言えます。

登録数が多ければ多い程、高価買取査定が実現しますが、登録自動車販売店も営利企業ですので、一分でも一秒でも他社より先に電話しようと試み、その結果電話対応に追われます。

こればかりは当然の事ですが、それが面倒になり、電話が嫌だと言う方も時より居られます。

※注意:その問い合わせ電話を劇的に減らす方法も唯一ですがございます。

この購入希望者からの電話が大変だなと思う方や。

購入希望者とのやり取りはメールのみ。

上記二点を希望されるのであれば、ページの先頭に戻り、目次の「車査定おすすめ早見表(お勧めはマーク)表3」「表4」を読んで見て下さい。

きっと納得のできる車査定が見付かると思います。


\ SNSでシェアしよう! /

車査定は申込む地域で買取相場が大きく異なります。高額査定や高価買取査定のおすすめ方法を紹介。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

車査定は申込む地域で買取相場が大きく異なります。高額査定や高価買取査定のおすすめ方法を紹介。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!