1. TOP
  2. 車査定業者同士が談合?査定の正しい利用法とおすすめ活用術を一挙公開!

車査定業者同士が談合?査定の正しい利用法とおすすめ活用術を一挙公開!

車査定関連   124 Views

目次


車査定業者同士が談合?査定の正しい利用法とおすすめ活用術を一挙公開!

車査定サイトの利用は複数の査定業者を同時に集めて、その場で一括査定をするのが普通です。

高価買取や高額査定として有名なのが車一括査定ですが、使用方法が浸透していなく、間違った使用方法をされている方を見かけます。

そもそも車一括査定とは査定サイトに申込めば、その申込先に複数の買取店や中古車販売店が加盟店登録を行っています。

その加盟店登録された買取店と中古車販売店同士が競争するだけの使い方をしている方が多くいます。

略図:車一括査定サイト事業者を親とした場合、子は登録している買取店及び中古車販売店です。

この「子だけで価格競争」しようとしても談合などの恐れも払拭できませんし、競争は始まっても車の買取相場は飛躍しません。

ようするに高価買取高額査定には中々ならないという事ですし、必ずと言っても過言ではないくらい、大前提で買取業者から最初に高い査定額を提示することは絶対にございません。

買取業者も営利企業です、極力安く買わないと会社が成り立ちません。

では、本来の使用方法ですが、文字通り一括査定ですので「親となる部分で価格競争」をしなければなりません。

一括査定とは競争です。

競争とはセリ合いです。

鮮魚のセリと同じです。

ここの手順を勘違いしているだけで、多額の損失を作っていませんか?

車査定サイトの利用は簡単ですし、おすすめの査定サイトもございます。

それらを詳しく説明していきます。

一括査定を同時期に行うには、大きなメリットがあります。

同じ日に沢山の査定士が査定(買い付け)を行いに訪れます。

依頼者は黙っていても、その場でセリ合いが勝手に開始しますので、安心してゆっくり待って下さい。

魚と同じで、車も新鮮な内に持ち帰りたいからです。

結果的に参加者が多ければ多いだけ、買取価格もグングン駆け上がっていき満足できる価格になるでしょう。

その時の買取額は、鮮魚とは違い買い付け人同士で話をしたりしません。

依頼者に希望金額を書いたメモを渡してくる流れです。

滅多に見かけませんが、メモ用紙を忘れて来る買い付け人もいたので驚いた記憶があります。

その時は名刺の裏に買取希望価格を記載し、渡してきました。

そこで納得のできる最高値を提示した査定業者に売却の許可を与えれば高価買取査定は完了です。

本当に一括査定はおすすめの売却手法です。

希望価格が記載されたメモ一通り受け取り、とりあえず丁寧にお礼は言って下さい。

このお礼が有るのと無いのでは、今から始まる価格競争に大きく影響してきます。

気持ちよく取引を終えたいのは向こうもこちらも同じです。

ここからが大切です。

「最高価格を出した業者だけ、とりあえず〇〇社が最高価格でしたと言います。次に皆様もう少し頑張っていただけないでしょうかと言うのです。これで大きなフルイがかけれて、本気の業者のみが残ります。」

感謝の言葉と対話から逃げない姿勢を見せる事で、これが本気の商売だと分かれば、すぐに出せる最高額で勝負してきます。

この本気のやり取りを楽しんでいるのがプロの連中です。

買取業者も機嫌を損ねないように、車は綺麗ですねとか色々言ってきますので、上手に相づちして下さい。

プロの連中ですが、人なので褒められ褒め返されれば当然に嬉しいものです。

車好きな方や高額査定を得る方法を探されている方でしたら、こちらから読まれる方が無難です。

(○○○)

車査定に不慣れな方も多いので、ここからは、もう少し具体的に説明します。

叙述の方法であれば一括査定の時間を最短にでき、最短で最高額が分かります。

一社ずつに申込んだ場合、談合の心配がございます。

車査定業間の価格相場の談合について

車の査定時に疑われる買取業者間の談合。

複数の車査定に申し込みをして、査定を行う時にどうしても気になるのが談合です。

買取業者間で情報が共有されているのであれば、高額査定が出に難いのでは、確かにそのような現象は起きないとは言い切れません。

それは、どうしてかと言えば、登録業者が重複して登録しているからです。

しかし、決して不利になる事はないので、不安に思わないようにして下さい。

談合は無いとは言い切れないと、記載していますがここにも回避する方法や手段があります。

車査定で高額査定してもらうには業者間で価格競争をしていただかなければなりません、しかしその価格を談合されてしまっては競争心理が働きません。

(詳しくは「査定高く売るコツ」に記載しています)

こちらでも大まかになりますが、説明します。

談合が疑われるとは、当然に複数に申し込みをした結果からそのように思う事は当然です。

査定日を変える事でもある程度防げます。

購入希望店は可能な限り安く購入しなければ、利益が出ませんし、売る側は高く売りたいのは当然です。

しかし、企業のモラルが問われる談合も最近では滅多に見ませんので、安心しても問題はないと思います。

また、業者も談合をする事で一般より査定価格を低くできるメリットはありますが、デメリットの方が大きく法令順守義務違反・加盟店資格喪失・査定サイト運営者からの損害賠償責任。

厳しい言い方をすると上記に該当しますので、談合の不安は現在では無いものとお考え下さい。

(高く売るテクニックも「査定高く売るコツ」に記載しています)

適切に競争を促すには、組合せにより申込み等を活用されて査定日をズラしてもより効果的だと思います。

また違う心配として、同じ買取業者を鉢合わせさせるのに抵抗を感じている方が少なからずいらっしゃいます。

それでは魚はいつになっても値上がりしません。

そもそも買取業者が現場で鉢合わせになる事はしょっちゅうですし、言い方をかえれば業者は皆、バス一台で行動する方がよいのではないかと思うくらいです。

もう一つの大きなメリットとしては複数業者を鉢合わせにする事です。

鉢合わせにして、同時査定にこだわるのかを先に記載しますが「トラブルを未然に防ぐ意味も兼ねています。」

(○○○)

また元々買取業者は、複数の加盟店に登録を行っているので内部では一緒なのです。

別々で査定されるとなったら時間はいくらあっても足りませんし、一社ずつにするメリットは何もございません。

20社近くの買取業者がそろうと車の品定めも一人が見て、その後ろから覗き込むようにして見ている査定士もいます。

同じ査定士でもキャリアのあるものとないものがおり、査定に慣れているベテランから前に出て査定作業に取り掛かります。

元々査定時に見る箇所は、マニュアル化されており、一人が見たら他の査定士も皆右へ倣え状態になるのが普通です。

また、それで良いと思いますし、そうでなければ純粋に価格で勝負してきません。

買取業者が運よく、既にお客さんを持っている時は、素直に「売却予定の車を購入したい客が居ると」言ってくるものです。

買い付け側もせっかくのチャンスを流していては、本末転倒です。

できる限りの査定サイトに申込みを行い、遠方や希望査定日が重なった等で、辞退する購入希望店も中には出てきますので、極力多くに申し込みを行い、査定日が少々ばらけても週末の土日で終わらせるようにしたいものです。

平均して2週間後の週末の土日くらいで調整すれば大丈夫でしょう。

一括査定サイトを一つに申し込むと平均5~10業者が購入希望として、手を上げ連絡が入ります。

この一括査定サイトに申し込み数を増やせば増やすほど、多数の購入希望者と連絡を取らなければなりません。

電話連絡はスピーディーにしてくれますので、その際に2週間後の週末10時からでお願いしますと具体的な時間を申し上げて、事前に知りたい事があればお知らせ下さいと言えば適切に指示してくれます。

どうして最初の電話で(ファーストタッチ)こちらから具体的な日時を言うかですが、理由があります。

それは、査定にくる前にこちらから積極性を示す事が大切だからです。

(冷やかしではナイヨという意味合いです)

また、いつ車を見せてもらえるか分からないようなお客に対して、買い取る側もレスが悪くなる可能性もございます。

モチベーションの維持を考えても2週間がちょうど熟す頃合いです。

査定日当日に示される買取額「査定額」には有効期限がありますので、あまりズルズルしていると失効となり、再査定として処理される事も念頭に置かなければならず、ここを防ぐ為にも、車の一括査定サイトの利用は複数の購入希望店を同時に集まって査定してもらうが有効に効力を発揮します。

納得できる高価買取高額査定得る為には、たかが査定と考えずに真剣に取り組む姿勢が大切です。

このように本来あるべき姿の車一括査定サイトの利用を行う事で「親になる部分でのセリ合い」最初に提示される査定額と最後に提示される査定額の価格差は平均して25万円~30万円と言われております。

中古車を購入する時は、安い高いとあちこち見て回るのに対して、車の売却に関してはやっと査定システムが浸透し始めたところです。

フルにご活用下さい。

世間一般が少しずつ一括査定サイトの利用に慣れ出した事もあり、ネット上ではおすすめの手法等の情報がチラホラ出始めておりますが、少し理解に悩む記述が目立つサイトも多いです。

それは仕方の無い事かも知れませんね、まだシステムが新しいですから。

よって情報がゆっくりですが、見えてきており、一般の方々の平均的に何社くらいの業者から査定を受けて、売却金額の見積を請求しているかですが、12社以上が平均的のようです。

この12社以上と記載していますが、少な過ぎるのではないかと思います。

12社くらいと言う事は、一括査定サイトの利用は一社か二社にしか申し込みをしていない事になります。

本来「親のセリ合い」を促すのであれば、親サイト5社程度に申し込み、子は40社程度に見ていただきたいところです。

最低でも20社を超える数でセリが始まれば、飛びぬけてくる業者がいます。

その結果、25万円~30万円程度の価格差が生まれるのです。

厳密に言えば、上下の価格差はもっと開いても不思議ではございません。

交渉術等はこちら(〇〇〇)

ここで一点注意していただきたい事を記載します。

競争に慣れて、セリ合いに便乗し過ぎて失敗する事です。

欲張り過ぎた結果ですが、買い取ってもらえない事は滅多に起きませんので、意識する程度で十分です。

また勘違いし易い買取として、持ち込み査定があります。

この持ち込み査定に関しては大失敗になると思っていただいてかまいません。

持ち込む先に登録業者はいませんので、一社のみに査定してもらっているのと同じです。

わざわざ自分の時間を割いて、労力をかけても報われませんので注意して下さい。

迷わず一括査定サイトの利用で問題はございません。

一括査定はたった一度の査定で多くの見積りが揃いますし、依頼者は別段何かする訳でもなく、勝手に業者間で競争が始まり高価買取高額査定の結果を待つだけです。

やっとシステムとして動き出したのかと思います。

何よりも便利です。

査定日当日に高価買取高額査定を得る為に、依頼者はメリットになる部分のアピールです。

禁煙車であるや日頃のメンテナンスは怠っていない等です。

(〇〇〇)

上述までの事を、何度か読み直して頂ければ業者のペースに流される事もなく、無事に高価買取高額査定を得て、きっと満足されていると思います。

当サイトでは車の売却に関して、様々な意見を募集しております。

情報の提供にご協力お願い致します。


\ SNSでシェアしよう! /

車査定は申込む地域で買取相場が大きく異なります。高額査定や高価買取査定のおすすめ方法を紹介。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

車査定は申込む地域で買取相場が大きく異なります。高額査定や高価買取査定のおすすめ方法を紹介。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!