1. TOP
  2. 車査定関連
  3. スバル・車の売却査定相場価格のおすすめ

スバル・車の売却査定相場価格のおすすめ

車査定関連   1,508 Views

平成27年式・スバル・レガシィ41000キロ(㎞)・パールホワイト・Wアウトバック・ベースグレード・車査定登録不要の調査

静岡県浜松市在住・女性・30代・車査定登録不要の調査

軽自動車から結婚を期に車を買い換えました。
買い替えたと言っても中古車のですが、将来的に家族が増えると思うので、今まで乗っていた軽自動車より大きいサイズのツーリングワゴンタイプでファミリーカーとしても使えそうな車を探していました。
小さい子供がいると、車内が汚れやすいと女性目線での意見が多かったので、新車ではなくスバルの中古車を購入しました。
色はパールホワイトかグレーかブラックが希望で、値段や走行距離などで丁度良いものがパールホワイトであったので、今までお世話になった軽自動車は中古車査定で売却して新しい車のスバルWアウトバックの購入資金に充てました。
アウトバックはCMで、最高に安全性能が高いと当時言われて、宣伝されているように、ファミリーカーとしても丁度よいツーリングワゴンの車だと思います。
車内の2列目シートが倒せるので長いものを積めるし、主人の仕事にも使えて重宝しています。
2列目シートの片方を倒せばトランクに入れた物まで手が届くので、その点もおすすめできるポイントではないでしょうか。
車高が普通車に比べて高めなので、外からシートに座る際は、腰をかがめる必要がなく、すっと乗れるのでとても楽です。
他のメーカーのファミリーカーと比較しましたが、少しシートが低い分アウトバックが1番乗りやすかったのでおすすめです。

平成28年式・スバル・BRZ64000キロ(㎞)・ブルー・S・車査定サイトの調査

東京都江東区在住・男性・40代・車査定サイトの調査

この度BRZを買取査定する為に、価格検索システムを利用しました。
この手の車は買取しても長期の在庫とはならず、すぐに売却できる事が買取する側からしても助かります。
運転免許を取得して少し走りを楽しみたい方向けでの車両ですので、初心者目線でこの車のおすすめポイントをお知らせします。
1つ目はノンターボ車なのに力強い走りが体験できるところです。
私がこれまでに中古車買取査定したBRZの中でも3つあるグレードのうち中間のモデルで約200馬力あります。
1つ上のグレードになるとターボ車になり燃費が気になります。
このモデルはハイオク車ですが、ノンターボなのでリッター12キロ程走り燃費と馬力のバランスが取れている点が大きなポイントではないでしょうか。
2つ目は、重心が低く走っていてとても安定している点です。
前にこの車よりも車高が高い車に乗っていたときは、カーブに入るとハンドルをしっかり握っておかないと不安でしたが、この車はカーブの進入から出口までとても安定して走ることができ、運転がとても楽しくなりました。
最後はギアやクラッチのミート感覚が分かりやすく初心者も安心して乗れる点です。
私はMTで運転をしていますが、ギア操作の際はしっかり奥まで入った感覚が手に伝わってくるのと同時に、クラッチも半クラッチからギアがつながる瞬間がとても分かりやすいです。
その為、信号待ちの先頭などでエンストすることが少ないと思います。
表向きは大人向けのスポーツカーのイメージがありますが、実際は誰にでも運転しやすい車であると思いますし、気分転換に軽く乗れる車が一台あるのも楽しいものです。

平成17年式・スバル・レガシィツーリングワゴン70000キロ(㎞)・ブラック・2.0GTターボ・車査定おすすめの調査

山梨県甲府市在住・男性・30代・車査定おすすめの調査

平成17年式・スバル・レガシィツーリングワゴンも10年落ちなので、査定で売却ができる最後のチャンスです。
車の整備士をしていますので、これからレガシィツーリングワゴンの中古車を探す時の参考にして下さい。
このレガシィはスバルの年次改良でいうB型となり、A~C型は乗り心地が硬いと言われていますが、B型も若干硬いです。
でも決して悪い乗り心地ではなく、程よいスポーティな足回りといった感じでビルシュタインのサスペンションが装備されている事で道路の凹凸を素直に伝えてくれ、コントロール性が非常に良いです。
また、横から見たときに黄色いショックアブソーバーが見えると、ビルシュタインいいねと車好きにはよく言われます。
私はATに乗っておりますが、アイドリングで約650rpm~2000rpmくらいまではあまり速く感じずで、軽自動車と同等くらいでしょうか。
アクセルを2500rpmまで回すとターボがグッとかかり一気に加速することができます。
これから中古車を買う際は、交換されていないエンジンオイルが入っていれば明らかに加速力が悪いので交換をおすすめします。
エンジンオイルを交換し、数百キロ走行してなじませたのち7000回転まで回すと恐ろしい加速力となります。
ただし恐ろしい加速力を堪能するには、タイヤ・ブレーキ・各オイル類のメンテナンスなど整備がなされていないと非常に危険です。そういった意味では維持費はある程度かかります。
維持するためのポイントとしては、高いタイヤ・高いエンジンオイル・高いブレーキパッドを買えというわけではなく、中間グレードの物達でも十分に堪能はできます。
任意保険も以前よりは安くなったようで、安く乗り換え、安く維持することは可能です。
少し古くなった車ではありますが、性能は抜群ですし初心者には価格も数十万円で手に入るのでおすすめの車です。
また、同じような車を売却される方が読まれるのであれば、買取査定の参考価格は20万円を目標にされると良いと思います。

平成22年式・スバル・R224000キロ(㎞)・ブラック・車査定の調査

福岡県福岡市在住・女性・40代・車査定の調査

私は七年前に中古でスバルのR2を購入しまして、まだまだ乗り続ける予定だったのですが、気になっていた車の相場価格をこのサイトで調べて、中古車販売店に店頭表示価格から値下げを相談しましたところ、大きく値引きは難しいとのことでしたが、通常の値引き以上に安くしていただけて、お陰様で車を安く手に入れることが出来ました。
中古車の買取相場を調べた時に、R2の買取査定額も調べていましたので、とても参考になりました。
気になる車を近くの中古車販売店に並んでいるし、なんとか頑張ろうと思い立ち急遽車の買い換えを検討し始めて、悩んだ事は中古車を購入する販売店に買取を依頼すべきかでした。
実際は欲しい車のお店に下取りに出せば良いのかも知れませんけど、色々調べた結果違う店舗の方が高額査定になり易い情報がネットでも言われており、全く関係の無い販売店に問い合わせをしました。
現実は厳しいもので、一円にもならないと言われてしましたが、その頃には新しい中古車の方でも購入に向けた打ち合わせをしていましたので、そちらでもダメ元で相談をしてみましたところ、他社では一円にもならないと言われたスバルR2ですけど、値段はつかないのはおかしいのではないかという話になりました。
事故の経歴もありませんし、こまめにオイル交換をしていたので不具合もありません。
また、傷などもほとんど入っていないし、私の車は黒のR2では人気のカラーだと思いますし、走行距離もほとんど職場と家を行き来していただけですので、24千キロほどでした。
私は車に詳しい店員さんから少なからず値段はつくはずだと断言されました。
そこで、そのお店に買い取っていただきたかったのですがSUV専門店だった事もあり、おすすめの売り方を教わりました。
インターネットを使った一括査定を依頼してみたらと進められたのです。
一括査定を行うと、様々な企業の査定結果を知ることが出来、数十万円の値段がつくところもあったのです。
あのまま無料にて車を渡していたらとゾッとしましたし一括査定をしてみて、本当に良かったですの一言です。
買い換えの資金ができました。


\ SNSでシェアしよう! /

車査定や車買取相場表の車買取ランキングは?最強の車買取価格検索で車の査定相場を知るおすすめを紹介。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

車査定や車買取相場表の車買取ランキングは?最強の車買取価格検索で車の査定相場を知るおすすめを紹介。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 悪徳に騙されない・失敗しない車査定サイトの選び方とおすすめのまとめ!

  • 【最新版】車査定サイトで売却する!印鑑の実印登録は済んでいますか?

  • ダイハツ・車の売却査定相場価格のおすすめ

  • 車は賢く無料査定で売却!有料査定に注意して下さい。

  • 車査定おすすめでは、売却前に簡単な工夫で高額査定を得るおすすめを紹介!

  • 【最新版】車査定(利用しなかった等の「色々」)体験談!